プロフィール

吉田 悦子
代表

【セラピスト歴 20年になりました!】

20年の節目とこれからの活動(2022年11月28日 記)

 2022年は子宮と卵管の全摘出手術をうけて
1ヵ月強お休みをいただき
自分の仕事に対する考え方や
これからの人生を考える時間ができました。
(悪い病気ではないので、ご心配なく!!)

 
そこで、自分としてはなかなか
二の足をふんで勇気が出なかったことを
今年後半、来年(2023年)にむけて
一歩を踏み出そうと動き出しました。

まずは動画を作成してもらいました。
術前です。撮影頑張りました。


その1:漢方アロマボディの動画

 

その2:表情筋マッサージ

 

私もそろそろいいお歳と経験を積んできたので
エステを学びたい人にも伝えていきつつ
心とカラダのケアにも幅広く
つなげていきたいと決心しました。

そんなことを一人で思っていてもわかりにくいので
イメージがつかみやすいように
動画という最強アイテムをもっと活用していかねば、
と勇気を出した次第です。

なんだ~、そんなことかい!?
と突っ込まれてしまいそうですが
人それぞれ得意不得意があるもので・・・

私は動画に出演するのは
得意でもなくて
嬉しくもなくて
抵抗があるほうなんですね。


でも、がんばります。
これからインスタもしますので
お待ちくださいね~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エステに興味をもったきっかけ
~大学生のとき、就職前です
 高校生のときに受験勉強のストレスで3ヵ月で10kg以上太ってしまい、そのまま大学生のときもぽっちゃりおデブちゃんで過ごしていた私。
 高校3年生のときには自律神経失調症で鍼灸治療も受けていました。
 忘れもしない、センター試験の前々日には、自宅で夜中に倒れて両親に救急病院に連れて行ってもらったり・・・
 そんな自分のメンタルの弱さと身体の反応にも興味をもって、大学時代にはひそかに勉強していました笑
 
 思い返せば、コンプレックスを抱えながらの大学生活。
 社会人を前に、どうにか変わりたいと思って、エステに興味を持ちました。


エステで変わった?
~変わるきっかけにはなったと思います!
当時、流行りの痩身コースみたいなのをガンガンすごいセールスされて買わされましたが・・・苦笑
最初の頃は、やはり自分の生活を見直して気をつけたり、体重をサロンで知られたりするのが恥ずかしくて。。。
 
ただ、社会人として仕事を続けている毎日の中で、私にとってのエステはいつのまにか「痩せる」ためだけではなくなっていました。
もちろん、痩せてキレイになりたいという気持ちは持っているのですが、エステを受けると心身の仕事の疲れやストレスが癒されたのです
痩身コースだから発汗させたり、ぐいぐい揉まれたり、なんか機械とかブインブインされたりしても眠くなっちゃうんですよ。
「寝ちゃうと代謝落ちちゃうから、寝ないでくださいね~」って声をかけられても、疲れていた私は寝てしまうのです。。。

 
エステは気持ちよくていいな~
この悪徳な勧誘さえなければ!!

 
当時は現在と違って、結構な悪徳っぽいセールスが当たり前の大手エステ全盛期。
若かった私は、なかなかその強引なセールスに立ち向かえない「蛇ににらまれたカエル」のような状態でした。。。

振り返れば、相当なエステ授業料でしたね(-_-;)


なんでエステティシャン(セラピスト)に転身したの?
~思い返せば、偶然かもしれないし
「自分には向いている」という強い思い込み、自意識過剰?根拠のない自信?

 
思い立ったのは25歳のときでしたが、会社員しながら趣味がほしくてアロマスクールへ行ったのがきっかけです。
香りの勉強がしたかっただけなのですが、たまたま通うことにしたスクールにマッサージの実技授業があるとよく確認せずに申し込んだのが運の付きです。

エステはたくさん受けていた私。
まさか自分がマッサージやる側になるなんて・・・
でも、これがやってみたら「心」が気持ち良かったのです。
 

そうしたら、もうすぐに「これだ!」と思って、会社員やめて美容学校へ通う流れになっていました驚
若かったから怖いもの知らず、だったのですね。あの時の決断とすごいパワーが、今の自分の人生の分岐点になりました。


 

サロンLINE@xat.0000146339.lhs


◆2015年エステティックグランプリ《優秀サロン》

 関東甲信越フェイシャルエステ部門大会出場

◆2018年エステティックグランプリ《優秀サロン》
 
 エスグラ準備.jpg  壇上お辞儀.jpg フェイス施術.jpg うで施術.jpg

◆メディア掲載
2020年ヌーベルエステティック日本版vol.99にて

世界の美容業界専門誌
ヌーベル表紙.jpgヌーベル記事.jpg


<私が通ったスクール一例>
・GARDENアロマスクール
・タカラエステティックカレッジ東京校
・ライブラ香りの学校(アロマインストラクター・セラピストコース)
・整体足つぼ学校
・relowメイクアップスクール
・日本美腸協会美腸プランニング1級コース など



【化粧品選びのこだわり】
子供の頃は、ひどいアトピー性皮膚炎で体育のプール授業にも参加できないことがあったほどでした。
大人になり、アトピーは出づらくなりましたが、今でも疲労やホルモンバランスなどによってお肌がとても乾燥しやすくなったり、荒れやすくなります。
そんな私でも「お肌を若く、きれいに保てて刺激のないものを」という観点からサロンで使用する化粧品を選んでいます。 

 

綺羅化粧品  ◆ウォブスタイル  ◆漢方アロマ神気


【経歴・資格】
明治学院大学社会学部卒業

 ピンクリーフ一般社団法人日本エステティック協会認定エステティシャン
ピンクリーフ公益社団法人日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト
ピンクリーフ       〃     協会認定
アロマインストラクター
ピンクリーフキラパウダーメイクアップアーティスト
ピンクリーフ日本化粧品検定 1級取得
ピンクリーフ日本美腸協会認定 美腸プランナー1級取得

美容とは関係ないですが、宅地建物取引士 取得


【講師実績】
・市民のためのアロマテラピー講座(高崎市主催)
・敏感肌でもできるパウダーメイクレッスン
・企業が主催のアロマテラピー講座
・公益社団法人日本アロマ環境協会認定教室をおよそ6年運営
 (現在は認定教室からおりました)
・同業エステティシャンより技術講師依頼でボディトリートメント、フェイシャルエステの指導


【好きな言葉】

 『努力することは ひとつの才能である。
  日々続けることで、自ずと道はひらける』
    (by フランス作家 ロマン・ロラン)